ログイン 新規登録

参加申込受付の委託申請画面

イベント管理画面から「参加申込受付の委託申請を行う」をクリックすると、申請を行うにあたっての各種設定画面が現れます。そのうち、分かりにくいと思われる部分についてここで解説します。

入力項目設定

例:申請画面

上記設定に対応する実際の参加申込画面

オプション設定

参加者1名につき、設定した項目を1つずつ選択させることができます。オプション料は、数値入力の場合単価×数量、○×方式の場合、○の場合に限り単価分が加算(または割引)されます。

例:申請画面

上記設定に対応する実際の参加申込画面

マイカード割引

マイカードの参加者に割引を適用する場合は、マイカード割引額を設定してください。CCを利用する場合や、マイカードを全クラスについて利用不可とする場合は、0を入力してください(参加申込画面において、マイカード番号を入力する項目自体現れなくなります)

参加資格

参加資格は「And条件」です。すなわち、性別~その他制限までどれか1つでも該当しない人は参加できなくなります。必要のない項目は空欄にしてください。

性別および年齢は、自動的にチェックができます。参加資格がない人がクラスを選択すると、エラーとなり申込できません

年齢は開催日におけるオリエン年齢、すなわち、開催日の次に来る4月1日時点(年度末時点)での年齢で判定します。

JOA競技者登録が必要なクラスは競技者登録番号の入力が必要になります。しかし、競技者登録番号が本人のものであるかどうかの確認機能は現在実装されておりません(近い将来搭載する予定です)。

「その他制限」は自動での確認機能がありませんので、本当に条件を満たす選手が申し込んでるかどうかは主催者側で確認いただく必要があります。

上記設定に対応する実際の参加申込画面

参加費区分

参加費区分は、一般区分、年齢区分、自由選択区分の3種類が設定できます。

実際の参加申込画面では、自由選択区分で設定した全ての区分と、「一般(年齢で自動判定)」という選択肢が現れます。

実際の参加申込画面で「一般(年齢で自動判定)」を選択した場合、「一般区分」と「年齢区分」のいずれかの参加費が適応されます。「年齢区分」の設定に適合する参加者にはその参加費が適用され、いずれにも該当しない場合は「一般区分」の参加費が適用されます。

「自由選択区分」では、この区分を選択した参加者は無条件でその参加費が適用されます。

年齢区分を用いた場合は参加者の生年月日で自動的にチェックが行われますが、自由選択区分の場合は一切チェックが行われません。自由選択区分を選んだ参加者が本当に条件を満たしているかどうかは主催者側で確認いただく必要があります。

例:申請画面

上記設定に対応する実際の参加申込画面

実際の参加申込画面

ヘルプメニュー

参加申込

イベント主催者の方へ

このサイトについて